• HOME
  • SEO , MEO
  • SEOとMEOの違いとは?それぞれ対策のメリット、デメリットを徹底比較!

SEOとMEOの違いとは?それぞれ対策のメリット、デメリットを徹底比較!

SEO

※Googleマイビジネスは2021年11月「Googleビジネス プロフィール」に名称が変わりました。

SEOとMEOの違いを知っていますか?
SEOは前から知っていたけどMEOは初めて聞いた方、どちらも聞いたことあるけれど違いを聞かれても答えられない方は、ぜひこの記事を読み進めてください。SEOとMEOは似ているようで、全く違います。インターネットを使った企業や店舗の認知、集客向上のためにもSEOとMEOは重要となってきます。そのため、今回はMEOとSEOの違いについてわかりやすく解説していきます。

SEO、MEOってなに?

SEOとは、Search Engine Optimization の略で、日本語にすると「検索エンジン最適化」のことです。
MEOとは、Map Engine Optimization の略で、日本語にすると「マップエンジン最適化」のことです。
簡単にいうと、SEO対策とはGoogleなどの検索エンジンで特定のキーワードを検索された時に、対象のホームページを検索結果の上位に表示させるために対策をすることです。
それに対して、MEO対策とはGoogleなどの検索エンジンやGoogleマップなどで特定のキーワードで検索された時に、企業、会社のGoogleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)の情報を検索結果の上位に表示させるために対策することです。

Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)という言葉を初めて聞いたという方がいましたら、こちらで詳しく説明していますのでチェックしてみてください。
参考:Googleマイビジネスとは。概要から登録方法まで【初心者でも安心】

MEOについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を見てみてください。
参考:【初心者向け】MEOって何?簡単にできるMEO対策教えます

SEO対策とMEO対策の違い

こちらでは具体的にSEO対策とMEO対策、どのように違うかをお話していきます。

掲載位置

SEOとMEOでは検索されたときの検索結果の掲載場所が違います。
Googleで特定のキーワードで検索すると、このように表示されると思います。

ページ上部にある青い線で示している箇所がMEOで、赤い部分がSEOです。
画像からも分かるように、現在、MEOはSEOよりも上に表示されます。地図も表示されているのでビジュアル的にも目に留まり、店舗名も太文字でわかりやすく、さらに上位3件分はGoogleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)に登録されている店舗写真も掲載されるので、初めて訪れるユーザーにも親切な見え方となっています。

対策範囲

SEO対策とMEO対策は対策の範囲にも違いがあります。
MEO対策は特定の地域を対象に対策します。特定の地域とは渋谷、名古屋、神戸など具体的なエリア名だったり、位置情報を元にした検索結果のことです。

それに対して、SEO対策は特定の地域を対象にした対策は行わず、ページ内の構造化、内部リンクや外部リンクなどWEB施策で対策していきます。

競合数

SEO対策とMEO対策は競合の数にも違いがあります。
対策範囲の違いからもわかりやすいのですが、同じキーワードで検索した場合、SEO対策の競合は全てのWEBサイトになっており、数多くの競合が存在しています。

一方、MEO対策の競合は同じ地域で表示される限られた同業企業・店舗のため、SEOほど競合は多くないといえます。

対策費用

SEO対策とMEO対策を専門の業者にお願いするとなると、費用にかなりの違いが出てきます。
SEO対策を専門業者に依頼した際、記事サイトの構築や原稿の作成依頼、内部対策を施すなど詳細内容によりますが、安くても数十万円~100万円ほどかかります。

MEO対策を専門業者に依頼するとなると、内容によりますが、数万円ほどで済みます。
ここまで違いがでるのは対策の規模に違いがあるためです。競合数からも分かるように、対策をするとなると、競合数の多いSEO対策の方がどうしても負担が大きく、費用もかかります。

対策のやり方

SEO対策とMEO対策では対策のやり方も違います。
それぞれの主な対策は以下のようになっています。

・SEO対策
ユーザーニーズを満たす良質な情報サイト作成
サイト構造の最適化
URLの正規化
スマホでの閲覧への対応
被リンク、外部リンクの獲得
コンテンツ作成           など

・MEO対策
Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)情報の充実
Googleビジネスプロフィール(旧:Googleマイビジネス)情報の定期的な更新
口コミ対策
NAP情報の統一 ※NAP情報についてはこちらの記事を参照:NAP情報とは? NAP情報を統一して集客力を上げましょう!
SNS、他サイトからのサイテーションの獲得           など

MEO対策に関する詳しい内容はこちら
参考:MEO対策は自分でできます!上位表示させる具体的な方法、ポイントを簡単解説

SEO対策とMEO対策を比較した、メリット・デメリット

SEOのメリット

すべてのユーザーを対象にしている

SEOは地域を問わずに、どこから検索しても同じ検索結果になります。そのため、SEO対策を行い上位表示させることができれば、全国、もしくは世界の人からサイトを閲覧して貰えます。

大きな集客が見込める

上記のようにSEOはすべてのユーザーを対象にしているので、SEO対策することで検索後の1ページ目などユーザーの目に触れる機会ができれば、多くの方からの閲覧、流入されることでしょう。そうすることで、全国、世界の人へ自社の魅力を知って貰うことができ、大きな集客効果を見込めます。

全ての人が対策できる

SEOは自社のホームページ、WEBサイトを上位に表示させることが目的です。そのためSEOはホームページ、WEBサイトを持った会社、企業から個人事業主の方まで全ての人々が良質な情報を発信したり、正しいソースコードを書くことにより、対策することができます。

SEOのデメリット

競合が多い

SEOは地域を特定しないため、競合が世の中に存在する全てのホームページ、WEBサイトになります。そのため、その中で上位に表示させることは、費用的にも体力的にもかなり大変な作業になります。

コストも時間もお金もかかる

SEOは競合が多い分、時間、労力などのコストもかなりかかってきます。良質な記事情報も一気に揃えることは難しいため、Googleに評価されるまでにも時間がかかります。また、上位表示させるために専門業者に依頼する場合も、上部にも記載しておりますが数十万~百万円ほどかかります。

MEOのメリット

検索上部に表示される

キーワードを入れて検索した際、MEOはページの上部に表示されるのでユーザーの目に入りやすく、その際に店舗写真も表示されるので温度感高く興味を持って閲覧してもらえる可能性が高くなります。

競合が限られている

MEOに関連するローカル検索は、特定の地域を対象として行われるため、競合はその地域の同業者になります。そのため競合は少なく、上位表示しやすいことが考えられます。

来店の可能性の高いユーザーに見られる

MEOは特定の地域を対象にしています。そのため、その企業、店舗の近くにいるユーザーの目にとまります。SEOのように全国、世界のユーザーを対象にする場合は、北海道の人が沖縄の店舗情報を閲覧することもあります。しかし距離もありすぐに行くことは難しく、今度行く旅行のための参考程度だったりする場合も。
MEOであれば今いるその地域だったり、地図を見てエリアを想定できるため来店意欲の高いユーザーに刺さりやすいといえます。

MEOのデメリット

特定のユーザーが対象になる

MEOは特定の地域を対象としているため、ユーザーの数が限られてきます。そのため、一部の人からしか見られないといった状況からすると局地的な施策とも言えます。

実店舗を持っている必要がある

MEOはGoogleマップ上に表示される、実店舗を持った企業、店舗が対象です。そのため、実店舗をもたない、ネット通販などサービスのみを提供している企業はMEOを行うことができません。

SEO対策とMEO対策どっちを優先すべき?

ここまで、SEO、MEOの違いについて紹介してきました。記事を読んでみて、どちらの施策を優先して行ったらよいかわからない方のために、もう少し説明します。
もちろん、両方実施できるに越したことはありませんが、費用、コスト面から見ても同時に実施するのは厳しい場合もあると思います。その場合は自社の業種、集客の目的などを考慮して対策を行って行ってみてください。

例えば、不動産、美容、飲食店など、お客様に直接ご来店して頂く「来店型ビジネス」が主体の方は、今注目されているMEOを優先して行うことをおすすめします。その理由としては、先程メリットでも説明したように、MEOは検索されたときに来店してもらえる可能性がSEOより高いと言えます。またMEOはSEOよりも競合が限られるため、短期的に成果を上げやすいとも言われています。来店型ビジネスは顧客に来店してもらうことが重要であるため、SEO・MEOどちらもまだ実施されていない方は、まず地図上に自店舗を表示させることが集客につながるため効果的です。

しかし、SEO対策もおろそかにしてはいけません。SEO対策はMEO対策の上位表示において重要となる、知名度の指標分野において、SEOは重要な働きをします。そのため実店舗を持ったビジネスを行っている方は、すぐにでも実施できるMEOを優先しつつ、SEO対策に取り掛かればよいと思います。
SEO対策、MEO対策の特徴を把握して、自社に合っているのはどちらかを考えて、しっかり対策しいきましょう。

まとめ

SEOとMEO、そしてそれぞれ対策や違いを知っていただけたと思います。
SEOは歴史もあるため競合も多く、上位に表示させて集客につなげるには高いハードルと言えますが、多くの人へ良質な情報を提供することで影響を与えられるかもしれません。

それに対し、MEOは比較的始めやすく、店舗ビジネスには効果的な対策ですが、大勢のユーザーへの影響という点ではSEOには劣ります。どちらが重要かはそれぞれの企業、店舗、業種の特徴、目的によって変わってきます。もちろん理想的にはどちらも実施・対策できることが理想です。MEO対策とSEO対策をどちらからやるか迷っている方はもう一度、2つの違い、メリット・デメリットの部分をご確認頂き、どちらが自社のビジネススタイルに向いているか検討し、重点的に実施する対策を検討してぜひ集客アップにつなげてください。

鈴木健介

2,714 views

大学生インターンとして働いています。 良い情報を発信できるよう、日々頑張っています。

プロフィール

関連記事一覧

Close Bitnami banner
Bitnami